監査法人採用準備室



Since
2005/6/23

データで納得!監査法人
中堅監査法人のススメ
法人何でもランキング
担当上場会社一覧
全監査法人リンク集
会計士リクルート情報
リクルート虎の巻
監査法人の就活情報館
会計士の転職情報
準備室主催!就活企画
意外と…、の会計士像
新会計士試験の実像
活躍する会計士たち
実務のツボ
会計士厳選!リンク集
実務用リンク
会計士ブログ・mixi
Google

  www を検索
  サイト内 を検索

Copyright(c)
2005-2007 監査法人採用準備室
All rights reserved.

■中小監査法人勤務 (五年目)



□年間何社のクライアントに行きますか?
    証券取引法・会社法監査  1社
   会社法法の監査   3社
   株式公開準備監査  4社
   任意監査(米国会計基準)  1社    

□今の法人で、もっとも印象に残っている仕事は?

 アメリカ上場企業の監査を担当する海外事務所からの依頼で、日本子会社の監査をしました。日本基準に準拠すると共に、米国基準にも準拠した財務諸表を監査する必要があり、有給休暇引当金なる勘定科目を初めて知りました。
 英語が得意な訳ではないのですが、海外事務所のアメリカ人マネージャーとメールのやりりをしつつ、子会社の監査を進めて行くのは非常に四苦八苦しました。

□残業は月に何時間ぐらいですか?

 平均的に100〜140時間 

□年収の目安は。

 950万円前後

□所属する法人の雰囲気・特徴で特筆すべき点は?

 監査現場の主査として、監査業務をコントロールする年次になりつつあり、自分に任される仕事が多くなってきた。その中で、残業が増えているが、それに応じて年俸が決められ、やりがいがあると感じる。